ここではないどこかへ

なんとか仮性包茎を克服し、ズル剥けになりたい

鑑定を作ろう

f:id:ricegruel:20160805102648j:plain

はじめに

その昔「鑑定を作ろう」っていうサイトがあったんです。

使い方は人それぞれで、ほんとにサイコパス診断やリア充度診断といった、鑑定を作っている人もたくさんいましたし、アンケートフォームとして使ってる人もたくさんいたと思いますし、自分の二次小説(その辺は詳しくないので?としておきます)を書いている人もたくさんいました。

 

私と「鑑定を作ろう」

自分が鑑定を作ろうを使っていたのは、主に高校生の時です。まだガラケーの時代だったと思います。「鑑定を作ろう」は、データの容量が大きくなく、ガラケーでアクセスしてもそれほどサクサク使えるということで使っていました。

 

用途はアンケートフォームとして使っていました。

そのころは、自分の下半身に対して悩むというか、気にすることが一番多かった時期で、Yahoo!知恵袋にもたくさん書き込みをしていて、情報を検索したり、集めたりすることを頻繁にしていた時期だったと記憶しています。

 

鑑定を作ろうでは、いくつか自分が知りたい情報をアンケートにして公開していました。まあちょっとアダルトな内容でしたね。

 

鑑定を作ろうの閉鎖

スマホが流行してからは、ほとんど見る機会がなくなり、忘却の彼方へ消え去っていたのですが、最近折に触れて思い出したわけです。ネットで検索をかけるとどうやら閉鎖してしまったようでした。

自分が大学生の時に集めた情報が消え去ってしまったのかと思いました。

 

鑑定を作ろうの復元

あっさり諦めきれなかった僕は、ウェブサイトをアーカイブしているサイトで検索をかけてみました。

Internet Archive Wayback Machine

181件ヒットしました。

意外と残っていることに驚きを覚えました。

確かに、自分が見ていたものと同じものがそこにはありました。

検索ボックスは機能していなかったですが、リンクをクリックするとリンク先に飛ぶものがあり、ちゃんと結果もみれました。

 

もしかしたら自分のアンケートも復活させられるかもしれないと思いました。

自分の作っていたアンケートはちょっとアダルトなものだったので、当然トップページにあがるようなことはなく、直接アドレスを記入してページにアクセスするしかありません。

 

試した方法その1「2chで探す」

まず、2chで、「2ch kantei.am ○○」で、○○には自分が作っていたアンケートに関連していそうなワードをいくつか入れて試してみました。

ヒットしたURLをさっきのアーカイブサイトに打ち込んで検索してみました。

結果は、まずまずでちょっとアダルトなものでもちゃんとアーカイブされていることは分かりましたが、自分が作ったものがヒットすることはありませんでした。

 

試した方法その2「昔使っていたガラケーのデータを探す」

大学生のころ、割と頻繁にアクセスしていたので、もしかした何かパスワードとか残しているかもしれないと思って、自分の昔のガラケーを出してきました。

 

古い充電器で充電すること3分、ようやく電源が入りました。焦る気持ちを抑え、ブックマークを開きました。

「登録はありません」

ここで心が折れました。あの頃の自分は、危機管理能力が高かったようです。

 

ブックマークの下に画面メモというタブがありました。スクショみたいなもんです。これを1枚1枚みていきました。すると、自分が使っていたアカウントのIDとパスワードを入力した状態でスクショを撮ったものが最後に残っていました。

あの頃の自分は、本当に危機管理能力が高かったようです。さすがにこの状況を予測していたはずがないのですが(笑)

とりあえずIDが分かったので、有名な鑑定を作っていた人のマイページに、トップページから飛ぶことができたので、その方のマイページのアドレスをみて、自分のIDを打ち込めばよさそうなところに打ち込むと、自分のマイページに無事飛ぶことができました!

「お、いった!!!!」

思わず声が出ました。

 

復元できたアンケート

自分が作っていたアンケートすべてを復元できたわけではありませんが、自分が一番復元したかったものは問題なくデータを復元することができたので、非常に満足しています。そのうち公開するかもしれません。

 

おまけ

今回の一件をきっかけに、ブログの活性化のために、1個くらいアンケートを常設して公開してもいいのかなと思いました。

今作ったとしても、アクセスしてくれている人がほとんどいない状態なので効果がなさそうです。アクセス数が増えたら検討したいと思います。法律には触れないと思いますが、念のために調べておくことも必要だと思いますし。

 

↓はお試しで作ってみました。これは、公開するつもりは一切ありませんのでよかったらどうぞ。

goo.gl