ここではないどこかへ

なんとか仮性包茎を克服し、ズル剥けになりたい

私はこうして包茎を自力で矯正した(と言いたい)

はじめに

ここでは、私が包茎を克服しようと行っている方法と原理について説明したいと思います。

あくまで手術は嫌なので、自作矯正器具や市販の矯正器具や増大トレーニングを用いることで克服に挑戦しています。



包茎矯正の原理

まずなぜ皮が被るのかを考えてみましょう。

考えられるのは、

1)皮が被る癖が付いている

2)カリのところで皮が引っかからない

3)皮がたくさん余っている

といったところだと思います。


この原因をどう取り除いていけばよいのか考えてみましょう。
努力すれば、それぞれの原因に対処することができます。
ですが、何が原因によって、包茎克服までにかかる時間は変わってきます。

これが、私の高校の友人は3カ月で克服できた一方で、私が未だに克服できていない理由です。


パターン分けして説明していきます。
1に関しては、すべての人に当てはまるので、1のみ、1と2、1と3、1と2と3の4パターンでしょう。

あなたはどのパターンに当てはまりますか。



1のみ

私の高校の友人のパターンです。

彼は、平常時と勃起時の差が大きくなかったので平常時の皮の余りが少なく、皮をかぶっていても亀頭の形がくっきりしていたそうです。

このパターンの場合、皮を剥く習慣を付ければ、次第に剥けた状態で癖が付いて、戻りそうになってもカリのところに余った皮が引っかかってくれるので、皮を剥いた状態を保ちやすいです。したがって一番スムーズに包茎を矯正することができます。


1と2

このパターンの場合、皮がたくさん余っているわけではないので、剥き癖をつければいずれはズル剥けになれると思います。
カリに引っかかって戻るのを防ぐことができないので、1のみの場合よりは時間がかかると思います。


1と3

このパターンの場合、人によっては剥けた状態をキープして、剥き癖をつけるだけでズル剥けになれることもあるでしょうが、平常時の皮のあまり具合によっては、剥き癖だけではいつまで経ってもズル剥けになれないこともあると思います。

その場合、平常時のペニスのサイズを大きくする対策が考えられます。


1と2と3

私のパターンです。

私は最初剥き癖をつけて直そうとしました。しかし、中度仮性包茎が限界でした。

皮オナニーを昔よくしていたためもともと皮が余り気味だったということや、平常時と勃起時の差がわりとあったことから、剥き癖をつけたくらいでは太刀打ちできなかったのです。

こういう場合は、平常時のペニスサイズを大きくするしかありません。


以上を表にまとめると

パターン 剥き癖 ペニスサイズ増大 かかる時間(個人的所感)
1のみ 必要 不要 短い
1と2 必要 不要 比較的短い
1と3 必要 場合によって必要 比較的長い
1と2と3 必要 必要 長い

となります