ここではないどこかへ

なんとか仮性包茎を克服し、ズル剥けになりたい

包茎クリニックの無料カウンセリング受けてきた

当日

予約時間より1分ほど早く着いたが、エレベーターでクリニックの階へと上がった

ドアを開けると、そこが受付でそこで問診票を記入した

1~2分くらいで書けた

名前、生年月日、年齢、住所、仕事、仕事先、血液型などの基本的な項目

 だけでなく、

包茎

1週間以内に激しい運動、旅行などの予定があるか

麻酔の経験があるか

治療中の病気、服用中の薬があるか

現在結婚してるか

交際している人がいるか

性交渉の経験があるか

といったことも聞かれた。書いた後はそばのいすで座って待った。前の患者がいて少し気まずい感じだった。治療が長引いたのかもしれない。西野カナの音楽がずっと流れていた。

 すぐ呼ばれて診察室へ。立ったまま、軽く問診票についていくつか質問をされて、それが終わるとズボンとパンツを脱ぐように言われた。

そしてベッドに横たわった。そこからの問診は10分ちょいだった。

素手で問診消毒アルコール?をかけられた。

以下、診察で言われた内容。

 

勃起してもエラが張ってこない重度の仮性包茎、先細りの状態になってから被ってしまってる。被ってる皮膚が弱くなってると言われた。

皮膚を根元に止める切れない治療ができるのは年間2人くらい。

それ以外で切らない方法をとるなら、亀頭を増大させてそこに皮が引っかかるようにするしかない。それは1cc20万のものを5~6ccくらい入れないといけない。

きれいに直そうと思ったら30~40万かけないといけない

分割払いは24回まで金利なくできる

皮膚が敏感になっててすぐ勃起してしまう

カリの下のところに白膜がたまってるが、治療すればこれが改善されて、亀頭への血流も改善されるし、色素沈着もとれる

切らない手術は一過性のもの、根元に皮を圧着させて、場合によっては根元を糸でとめてってやるもの

この状態でそれをすると亀頭が小さいのに何で剥けてるのってかんじの不格好な状態になってしまう

  

思ってたより高額の提案で、驚きと納得があった。ここですぐにきめられないことを伝えるとすんなり、またよく考えて、できるようなったらおいでと言われた。

 

カウンセリングを踏まえて

亀頭が先細りなことが一番の原因だという印象を受けた。確かにズル剥けの人って、エラが張ってたり、きれいなマツタケのような亀頭の人が多いとは思った。鶏が先か卵が先かと同じ議論ではあるけど、そこには正の相関があるとみていいと思う。

つまり、亀頭を大きくする(エラを張らせる)ことが包茎改善への光になると考えられる。

今年はこれを目標にしてみよう